海外競馬でもビッグレースな凱旋門賞

凱旋門

凱旋門賞は、世界でも有数の大レースです。ヨーロッパのシーズン終盤に開催されることもあり、その年の芝2400mのチャンピオンを決めるレースでもあります。

そのため、世界各国から有力馬が集まり、海外競馬の一大イベントとなっています。日本からも遠征する競走馬は多く、ここ数年は毎年のように挑戦中です。

日本の競走馬は、芝の中長距離部門では世界でもトップクラスにあると言われ、遠征をすると海外競馬のメディアからも注目を集めます。事実、凱旋門賞の前哨戦を勝つ日本馬もいるので、ブックメーカーでのオッズも上位人気になっているほどです。

しかし、これまで日本から凱旋門賞に遠征した競走馬の着順は、2着が最高です。世界でもトップクラスの力を持ち、前哨戦を勝利するほどの競走馬でも、なかなか勝利することはできません。

ブックメーカーで一番人気になるほどの馬でも勝てないのは、日本とは勝手が違う海外競馬特有の難しさかもしれません。

フランスは海外競馬の中で最もレベルが高い

海外競馬

海外競馬の情報を集める時に一番参考になるのは、フランスの情報を集めることです。なぜフランスの情報を集めることが参考になるのでしょうか。そもそも、海外競馬にかぎらず日本の腫瘍競馬の中にも、レースそれぞれの描くというものが存在します。

この世界各国のレースの格は競馬を統括する専門の機関によってランクづけられていて、そのランク付けによってそれぞれのサラブレッドのランキングも決定されます。例えば、高い格付けになっているレースであるサラブレッドが勝利を獲得すると、そのサラブレッドのランキングは必ず向上します。

海外のレースには、こうした格の高いレースがものすごく多いのです。特に、海外のレースの中でもフランスで開催される凱旋門賞は、世界で最も格の高いレースとして定義されています。

世界中の名馬がこのレースを目指して活躍していますので、この国の競馬の事情を理解していれば現状の世界のサラブレッドや世界の情勢を理解することが可能です。

賭け事のイメージは小さい海外競馬

競馬場

競馬は、日本だとギャンブルのイメージが強いです。競馬が持つスポーツとしての側面やドラマは軽視されがちで、古くからのイメージがついて回っています。

しかし、海外競馬ではギャンブルのイメージよりも、一つのスポーツとして考えられています。実際にアメリカでは、競走馬が人間のスポーツ選手と同じように、アスリートとして認められているほどです。

日本の競馬と海外競馬でイメージに差があるのは、文化の違いもあるでしょう。また、日本は戦前からギャンブルの一つとして競馬を開催し発展してきましたが、海外競馬は違います。

他の競技と同じように、スポーツとして発展してきました。さらに海外では競馬に限らず、スポーツにお金を賭けるのは一般的です。日本だと競馬や競輪、ボートレースなどでしか認められていませんが、海外ではブックメーカーを通して様々なスポーツにお金を賭けることができます。こうした違いがあるので、海外競馬はスポーツとして認められています。

馬